会長メッセージ


学校と社会を結ぶ日本の新しい「色の学び」をどうしたらいいのか?


president
日本色彩教育研究会 会長・群馬大学教授 茂木一司


 戦前からはじまり、70年を超える歴史と伝統ある日本色彩教育研究会(色彩教育研究会改称)のリーダーをお引き受けし、3年を過ぎ、第2期目になります。
 第1期の3年間では、「色彩教育研究会」の原点を考え、会の性格を幼少中の学校の色彩教育を中心にしながらも、広く専門教育や生涯学習を巻き込みながら、会を再編することを目的に、名称変更、会則の整備、理事会の刷新、リニューアル講演シンポジウム、支部会の経理の透明化、『色のまなび事典』の刊行などを推進してまいりました。しかし、理事の役割分担などを含む会の活性化という長年の懸案についてはまだまだ道途中です。会員の若返りと会員数の増加は本会の大きな課題です。第2期は、その課題に向けて、理事の刷新による、機関誌『色彩教育』と機関ニュース『カラーサークル』の刷新、色彩教育教材の開発、出前ワークショップなどの改革を考えています。同時に本部(東京)、近畿、九州の研修会のリニューアルについても、会員の皆様のご支援・ご協力で進めて参りたいと存じます。どうか皆様のご協力の程よろしくお願い申し上げます。

学習指導要領図画工作科・美術科の〔共通事項〕への注目と色彩教育
 学習指導要領の図画工作科・美術科に〔共通事項〕ができて、にわかに「色」に注目が集まっています。学習指導要領の領域上の色彩教育は昭和26年から消 え、色名や色相などの基礎知識は昭和52年まで、その後は色のイメージを表す学習が残されているだけになってしまっています。ここにきて、平成20年度の 〔共通事項〕の設定は大きな追い風になることは間違いありません。しかし、法的拘束力を持つ学習指導要領の変更は諸刃の剣で、すぐに「形や色やイメージ探し」がはじまったということも聞き及びます。〔共通事項〕の設定の真意は周知のように、各領域ごとに育成される能力概念の総合化です。(広義の)美術教育 で「形や色などを基に自分のイメージを持つこと」がポイントです。本学会の役割は(リニューアル企画のテーマであった)「色を豊かに感じ取る学び」を子どもと教師、専門家などでつくりあげていくことです。

震災以後の日本の色彩教育を方向づける
 東日本大震災から4年余りの歳月が経過しましたが,被災地で今も厳しい状況がつづいています。リニューアル後の最初の本部研修会では、事前に現地を訪問し、女川出身で石巻の中学校美術教師の梶原千恵さんから、「避難住宅へ表札を届けるという色が被災地を元気づける実践」、つまり美術教育が人のこころを和ませ,豊かにする企画を、本会の復興とも重ね合わせて実施しました。このことから、本会の色彩教育の役割は「いろ」によって、日本だけでなく、世界中の人々と交流し、明るく元気にもしくは心穏やかに健やかに生きるための研究と(教育)実践が方向づけられたような気がしています。 その後の研修会は「感じる・学ぶ・伝える:豊かな色の世界」と題して、衣食住をテーマに,色彩教育を身近にする研修会を工夫して参りました。

社会にコミットし発信する組織へ
 現代社会のカラー化の時代に会としていかに対応していけるのか?子どもたちがさられるアニメ・ゲームの日常的な刺激の強い色彩環境も心配です。透明水彩 の淡い色の変化や白に白を重ねる日本の「かさねの色目」などが感じとれることは明らかに人の感情の細やかさや日本の情趣が今に生きる感覚であることを示し ています。日常生活の中で使える「色の学び」を学校の図工美術でどう保証するのか?本会をお引き受けするにあたって、まず考えたことは本会の「学校教育 としての色彩教育」という原点に立ち返って歩みを進めていきたい、そしてそれを生活や社会・世界へ拓いていきたいということでした。本会に賛同していただいている会員の皆様には、ご自身の色彩研究や教育等を通して、小さなそして大きな社会への貢献を期待しています。

色彩教育(学)における教育内容,人材育成を議論する場、若手が入会し,活躍できる場
 日本色彩教育研究会には、多様な色彩教育指導者の皆様が入会し、それぞれの活躍しておられることは周知しています。しかし、会としてのまとまりという点で今ひとつ発信ができていません。
 今まで研究部会の設置や公募研究など、さまざまな手立てもおこなってきました。今後も会の活性化すなわち「色彩教育(学)における教育内容やカリキュラ ム、教材開発など」をしていくことはもちろんですが、会を元気にしていくためには、新しい人がどんどん入ってきて、自ら色彩教育の道(未知?)を切り開き、自分ごととして、色彩教育を考え、実践していただくことです。色彩の学ぶ若者たちを呼び込む方法を考えてください。
 そのために、研修会や研究会の充実、新しい本や教材の製作等も継続していきますが、第2期は小さなプロジェクトをたくさん立ち上げて、いろいろな場所で同時多発的に新しい創造が起きる仕掛けを作っていきたいと考えています。本会は私たち会員の高い志によって、発展します。本会のために会員の皆様のさらなるご支援をお願い申し上げます。

(2015年6月更新)

ページのトップへ戻る